賢い消費生活で、明るい毎日!

クイズで学ぶ消費者力

悪質商法

悪質商法

1

次の事例の対応として適切なものがいくつあるか選びなさい。

事業者から「貴金属の買取サービスをしている。不要な貴金属があれば自宅へ見積もりに行き、その場で買取る」と電話があったので、自宅で見積もりをしてもらう約束をした。見積もりによっては貴金属を売ることを考えている。

(ア)消費者は売買の契約をしたら業者に売却品を速やかに引き渡す。
(イ)契約成立時には業者から契約内容を記載した契約書が渡されるので内容をよく確認する。
(ウ)クーリング・オフ期間中であれば消費者は売却品の引き渡しを拒むことができるので、契約しても手元に売却品を置いて冷静に考える。